ボーイズラブオーグレイト

BLコミック・BL小説・BLゲーム等のレビューやBL的な雑談を主とする、絵日記な日常ブログですヽ(゚∀゚)ノ

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

水戸泉スペッシアル。

最近小説を手に取ることが多くなりました。
短編集みたいのが多い漫画と違って、一冊丸々一つの作品、ての嬉しいです。
個人的に、短編集よりシリーズになってるものが好きなので。
しかし小説は選ぶのが難しいです。
漫画と違って、表紙と粗筋だけではパッと第一印象を掴みにくいので
文章が好みかどうかの判断が難しいです。時間掛かります。
ンフウッ(Щ´・ω・)≡3 

 
そんな中、今一番多く買ってるのが水戸泉さん。てか、目に付いたら買ってる。
ヤオイザワールドに入りたての頃、水戸さんの本を読んでたので、
なんかこう、セピアな思い出と共に馴染み深い方なのです。
ちゅーことで水戸さんスペシャル(´ω`*人) 
 
 
恋のカフェさわぎ 恋のカフェさわぎ
水戸 泉 (2007/02)
フロンティアワークス

この商品の詳細を見る

オレに・・・
平穏な時間はないのか!?(帯より)

  
IMG_000373.png
「恋の○○さわぎ」シリーズ
7冊目のカフェさわぎ。
自分の高校に編入をしてきた高敏から逃れるため、カフェバイトに勤めるものの、話の流れで高敏も同じ所でバイトを始めることとなり・・・ウェイター服プレイとなるわけですなッΣ(*゚д゚)σ
で、そのカフェのオーナーを取り巻く事件に、二人も巻き込まれていきます。

「やめろ変態っ!」っちゅー常識人受けの叫びも
「素直じゃないんだからー」といやよいやよも好きのうち、に変換する非常識人の攻めさん。
ああ・・・(´∀`*)
好き・・・ヾ(´∀`*)ゝ
高敏カッコイイなー変人だけど。
一見要領よく世渡りしてるように見えるけど、受が居ないとダメな子です。
大好きです。そういう攻めが大好きです。

そして嘉端がっ!可愛すぎますー(´д`*)≡3ウィウィ(´ω`*人)
こうじまセンセのイラストも良い!なんかこう、文章のイメージ通りに具現化してる。
真似して絵を描いてみたけど、全く似なかった。特に髪型が。
 
 
 
 
学園祭はなにを着る!? 学園祭はなにを着る!?
水戸 泉 (2007/06)
白泉社

この商品の詳細を見る

稜×由月、ついに初めての・・・!?(帯より)


「着る!?」シリーズの3冊目。
今回は学園祭なのでメイド服が登場したりします。
金持ち幼馴染の稜が由月に「ヨメになれ」と迫るシリーズです。
諸事情で、不本意ながら女装姿で学園に通っている由月ですが
もちろん稜は由月の性別を分かった上で言ってますw
こちらも「俺は男だアホーっ!」って系統のお話ですが、
攻め・稜の変態度が高敏に比べると可愛らしい・・・ような気がする。
紳士っぽい印象。
・・・挿入が無いからかしら(・∀・)?
 
 
 

キライだよ!! キライだよ!!
水戸 泉 (2003/01)
オークラ出版

この商品の詳細を見る

超貧乏で家庭運に恵まれないながら特技の黒魔術を駆使して強く生きる美少年、パー校生徒会長河内くん(受)。
に、惚れてしまった、映画監督としてブレイク中のお坊ちゃん学園生徒会長の大滝くん(攻)。
「この変態ッ」系です。押せ押せ変態攻めです。
ああ好きさ(´∀`*)大好きさ(´ω`*人)!!
河内くん、性悪設定なのに、大滝くん相手だと空回ってしまうところが愛しいです。
てか、根本的に人が良いというか。騙されやすいというかw
河内くんの父親は最悪最低ですねー息子の臓器売る約束するってどうなの。
 
 
 


略奪せよ 略奪せよ
水戸 泉 (2007/05)
リブレ出版

この商品の詳細を見る

愛する上官は海賊!(帯より)


お坊ちゃん美形のルークを、その元上官で現海賊のレイノルズが掻っ攫います。
なんで海賊なんかに落ちぶれて・・・あの正義感の塊だったレイノルズが・・・!
そんな葛藤を抱きつつ。レイノルズには抱かれつつ。
つーか、水戸センセはどんだけ女装が好きなんですか!
どんだけェ。
 
 
 
 
キケンなおもちゃ大戦争―子供はなんでも知っている キケンなおもちゃ大戦争―子供はなんでも知っている
水戸 泉 (1999/01)
茜新社

この商品の詳細を見る

おバカヤンキー16歳・俊(受)を手篭めにする天才小学生・清一郎(攻)。エロ度高いです。
俊が本当に本当におバカです。
「この変態ッ」系・・・なんですが、清一郎は意外と常識的な所や
人間的な所が垣間見えたりして、そゆとこが小学生っぽく可愛らしく感じる。
この本では、とある国の王子様が天才清一郎の力を借りようとやってきたりして一騒動、となります。
これ読んでて、水戸さんの御本はライトノベル的なテンポ良いノリだなーと
改めて思いました。
 
 
スポンサーサイト

| 水戸泉 | 03:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。