ボーイズラブオーグレイト

BLコミック・BL小説・BLゲーム等のレビューやBL的な雑談を主とする、絵日記な日常ブログですヽ(゚∀゚)ノ

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

誰にも愛されない

誰にも愛されない 誰にも愛されない
山田 ユギ (2007/01/10)
リブレ出版

この商品の詳細を見る

男子20代後半、恋や人生に惑い惑わされ・・・
男の苦悩を食う
たっぷり1話描き下ろし2カップル登場の全308ページ!!(帯より)

 
うららららああ!ユギさんの新刊よぉぉぉ(ノ∀`*)ポッ 
 

::あらすじ::

飯島は、勤めている出版会社で出す本の翻訳者を探して
大学時代の同期、日下に行き着く。
納期が短い上にチェコ語。他の訳者にはあたれない。
わらにもすがる気持ちだったけど、よりによってこんな「わら」とは。
昔から苦手な男だったのに・・・。
 
マイペースで冷静、率直で突き放すような物言いをする。
感情の起伏を感じさせない。

恋や情の「熱」をあいつは持っているのか?

仕事を通して日下と会う内に、彼のことを知りたい気持ちが強くなっていく。

 
直情型の短髪男飯島×静かに毒づく美形の日下っちゅう感じです。
 
もう一つのカポーは
思わせぶりノンケ×多面性美人さん。
 
 
 

 
   ++++++++++++++++++++++


以下ネタバレも含む感想
 


日下が、やたら考え込む男だからか、彼主役の話はモノローグ多いっすね。
冷静というか、感情がないかのような・・・。冷たさを抱えている。
そこに押し入ってくる「熱」が、飯島なのか。
飯島日下の話は、なんか全部静かな印象。コミカル部分も多いんだけど。
日下の雰囲気が全体に波及してる感じです。

ンマー、なんだかんだラブラブつーのがね(´∀`*人)ラブ大好き。
日下の慣れてなさったら、んもう。うわーん可愛い生き物め!(´д`*)
女にモテモテ設定はちょっと謎なんですが
(外見には、男っぽさが全く感じられないので)
何者も拒まず追わず掴めない雰囲気に女の子は惹かれるんでしょうか。
 
IMG_000309.png
 
もう一つのカポーは
攻め受けがぎりぎりまで分かりませんでしたw
上野さん素敵!美しかっこいい!ヽ(゚∀゚)ノ
 
最初は、物腰柔らかい美形眼鏡キャラかと思いきや
あの突然のやさぐれよう。
かわいいようかわいいよう。 
 
まあーそりゃ恥ずかしいな、あれは。
やる気満々200%!の状態でなあ・・・。

もうちょっとあのカポの話も読みたかった。
 
もう500ページで1000円でも良いよ・・・。 

 


とは言うものの・・・ 
 
 
この新刊780円を購入したため、財布内残金は170円。
入ると思ってた金が入らなかったんでありやす(つД`)

明日の昼ごはんはどうする!ヽ(゚∀゚)ノ
米!米はあるぞ!
海苔!海苔もあるぞ!
 
よしよし、なんとかなるぞ・・・。(→おにぎり)
 

BL本の買いすぎなのかしら?
この日記始めてから一ヶ月。その間に60冊以上の購入。
平均すると一日2冊買ってる計算か・・・。ん、まぁまぁ。

スポンサーサイト

| 山田ユギ | 22:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

我らの水はどこにある

我らの水はどこにある 我らの水はどこにある
山田 ユギ (2002/05/29)
芳文社

この商品の詳細を見る

 
 
::あらすじ::

「男同士で結婚できるよう法律を変えたら、至、結婚してくれる?」
10歳年上の至に幼いプロポーズを迫った名士の息子、竜彦が
東京の男子校に無理やり行かされてから、5年。
その竜彦が、春休み中に行方不明になったとの一報が入ります。
 
「竜彦坊ちゃんを探せ!・・・じゃないと、俺もお前も首が飛ぶ!」
「給料も倍プッシュで出す!」
父親から命ぜられ、竜彦捜索に東京へ出た至は
親戚筋の探偵に連絡を入れる。

 
5年前。
竜彦は、「行きたくないよ、至」と何度も自分の名を呼んだのに。
隠れたまま、やりすごしてしまった。
「今度は、ちゃんと話を聞いてあげたいんだ・・・」
 
 
早々に発見された竜彦は
5年前の面差しを残して―――――残して―――――・・・

「あれ?」
 

 
「探偵」が絡むからか、
人探しアドベンチャーの要素が入りつつ
猪突猛進ワイルド坊ちゃん×年上眼鏡のミステリ(?)系BLとなっちょります。
様々な謎があり
謎を解きほどいていくのが話の核になってますね。
しかしエロスもなかなかの充実度。コミカルに。
受けの(坊ちゃんに対してのみ)敬語遣いに萌ゆる(´∀`*)
 
 
 
 
    __________
 
  以下激しくネタバレあり
 

IMG_000297.png
 
ユギさん作品が揃って参りましたので
ユギさんレビュを年内に充実させたい
という野望(`・ω・´)b
 
ともかく
野獣くさい坊ちゃんがツボったぃ。
強引年下攻めなのに甘えっ子(´ω`*)ンフー
 
 

というか至さん新鮮です。
敬語受け・・眼鏡受け・・・ボケデレ(´∀`*)ボケっとしてデレ。
 
至さんが貞操の危機に晒されてる間に謎解きが進んでいくヽ(゚∀゚)ノ
至さん下半身晒しすぎだ。
けしからん!エロけしからん!
 
そして驚くほど至以外の周囲の人々が攻め気質を備えている。
至総受けってわけでもないけど、なんか周りに攻め多いな。
 
ミステリ仕立て(?)ってのがこれまた面白かったです。
 

しかし真治、理由は分かったものの、気持ちがよく分からんなぁ。
トラウマやらジェラシーやら羨望やらミクスチャー?
ミステリアスな、つかみ所のないキャラとして描かれてるので
それもまたオッケーって感じもするけど。うーん。
広重、強盗から助け出した後、なんで真治を連れて逃亡したのかもよく分からない。
人撃った→逃げなきゃ→真治さんから離れたくないから一緒に!って思考?
逃げなきゃ、正当防衛で情状酌量だったのでは。
正常な判断が出来なかったのかしらん・・・。


 
 
 
      _________
 
 
テンプレを変更。
可愛いテンプレで非常にツボっていたのだけれど季節モノだったから(つД`)
今回はこちらから頂きました。
akaimesiさま。
時間で絵柄が変わるそうです。
す、すごいよー!すごいなー!

| 山田ユギ | 03:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最後のドアを閉めろ!(1)(2)

最後のドアを閉めろ 最後のドアを閉めろ
山田 ユギ (2001/09)
ビブロス

この商品の詳細を見る

 
フランスパン食いながらレビュ。
ボーイズラブアワード2006様の名作BLコミックの投票でも、
20061209150358.gifhttp://blaward.blog78.fc2.com/
ブッチギリ1位のこの作品ですが、まさに名作中の名作ちゅーかモウ!

良いッ!!
むしろ
私は一向にかまわんッッ
 
さ、最高。萌え死にました。
 
 
::あらすじ::
主役は永井篤(27)表面はクールビューティのモテ男子。
大学から会社まで一緒だった後輩の斉藤寿久(25)の結婚が決まったことで
「あれ!何かショック!ちょ俺ホモ?」
 
先輩として慕ってきた斉藤を、実は好きだったらしい。
気付きながらも結婚式のスピーチを担当します。青筋を立てながら。
終了後、BARで自棄酒中、嫁側会社勤務の本田賢三(25)と出会います。
なんとなく一緒に飲むんですが、嫁の元彼でちょっと傷心気味だったと判明。
 
「なるほどな!お前がちゃんとあのアバズレ捕まえときゃあ今頃は(くらっ)」
永井急に立ち上がる→眩暈→とりあえずホテル
 
「なんなんだアンタ絡みやがって!」と本田、最初は怒り心頭なんですが
話の流れで斉藤くんのことを涙ながらに語る永井に対し
(お、男・・・だけど一応)慰めモードに入る本田。
べろちゅー。
たまらん。べろちゅー(*´∀`*)ウフフ
 
 
永井、朝帰りすると部屋の前には斉藤の姿が。
あれれ!?今頃HAWAIじゃないの??
なんと、嫁が昔の男(課長)と逃走しちゃったわけですね。
 
これにより 
傷心アイドル斉藤くんと不敵なエロ魔人本田のW年下に翻弄される永井の
トライアングルラブゲームが開始されるというストーリーです。
出版元が伝説のビブロスさんなのですが(倒産)
ビーボーイを引き継いだリブレ出版さんから近い内に新装版が出るようです。
リブレ出版b-boyweb
山田ユギさんのお部屋の所でそのようなコメントがありました。



________________________



普通の三角関係と違って
本田と永井ももちろん相互⇔でラブなんだけど
永井と斉藤も相互⇔なんですよね・・・。
これがこの作品の面白いところだと個人的に思ってます。
 
 
山田ユギさんのスゴイ所というか、
読んでる側の感情も全部持ってかれちゃう(´-ω-)ウフ
主人公の感情の渦に流され巻き込まれ同調し、それが心地E(*´∀`*)ウフフ

例えば斉藤です。
語尾にハートマークつけたり「せんぱぁい」ってぶり甘えっ子。
そういうタイプはあんま興味ないはずなのに
斉藤のとびっきりキラキラアップがあると
「くらっ」としちゃって。
「ほんわ~」ってなります。たたたたまらん俺のアイドル(´д`;)ハァハァと。
主人公の永井と同調するっちゅーか、でも自己投影ではなくて
永井は永井で美可愛くて(´д`;)ハァハァたまらんてなるんだけど。
その辺不思議です。

| 山田ユギ | 22:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冷蔵庫の中はからっぽ(1)(2)完結

冷蔵庫の中はからっぽ 1 (1) 冷蔵庫の中はからっぽ 1 (1)
山田 ユギ (2002/03)
幻冬舎

この商品の詳細を見る

本屋行ってきました。
立ち読みしながらビートを刻むお嬢さんがいらしゃってビビりました(´・ω・`)
時折頭をぐるんぐるん回していたのでデスメタル系に違いないぜ!

 
そういうわけで、早速山田ユギさんに触手を伸ばしてきました!
「冷蔵庫の中はからっぽ」(1)(2)

梅谷(良いガタイ)×清水先輩(漫画家志望)の年下攻め高校生カッポル。
清水先輩はイイトコのおぼんぼんで、跡継ぎで医者になれと言われつつも
本人は漫画家志望で家出します。
家出先は漫研部ユーレイ部員後輩のヤサ。(一人暮らし)
「ちょっとの間だけでも泊めてくれ!」
「そりゃ構いませんけど」
 

出てきた晩飯は「マヨネーズご飯」
 

 
バイトで自活の高校生ライフは常にノーマネー。
タイトルの「冷蔵庫の中はからっぽ」の由来はここだと思われます。
 
梅谷がイイヤツで飄々としつつ、甘いというか優しいというか。
懐がほこほことあったかい子です。
先輩も「甘えちゃいかんっ」と発起して色々やるのに失敗して
じたばたっぷりが何とも愛しいです。
 
二人の相思相愛っぷりが!ンモー可愛くってたまらんです!
最初は好意程度だったのが徐々に育っていって
「好き好き好きー」ってのが溢れんばかりになっちゃって
チューとかしたら止まらない高校生の若さ!
いい!いいわぁ。いいねえ。

 
梅谷の妹ちゃんがこれまた可愛い。
梅谷大好きっ子で清水先輩を敵視するわけですが、
なぜか全力で清水先輩のフォローをしているあたりイイヒトすぎる・・・。
 

 
 
前々から、それはもうBLブランク前から気になっていた山田ユギさんですが
やっぱりというか、好みドストライクでした(´ω`)ウッホウッホ
ざかざかっと太目の線とか鎖骨とか好きだなあ。

| 山田ユギ | 00:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。