ボーイズラブオーグレイト

BLコミック・BL小説・BLゲーム等のレビューやBL的な雑談を主とする、絵日記な日常ブログですヽ(゚∀゚)ノ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こういうときにそうくるか

080423_223145.jpgこういうときにそうくるか (アイスノベルズ)
(2001/02)
五百香 ノエル

※)画像は写メルはめこみです

商品詳細を見る


兄弟弟+末っ子妹+おばあちゃん、下町人情溢れる大衆食堂。その次男の珠紀。
英語力を強化できそうなバイトをしようと考えていたところ
紹介されたバイトはエリートビジネスマン、ダニエルのサポート兼通訳でした。
お付き合い→お別れ(ダニエルに捨てられる)→2年後に再会・やけぼっくい
 
 
この作品、私的萌えポイントがいっぱいありましたーっ(´ω`*人)


まず脇役。
五百香さんの作品は、総じて、脇役キャラがワタクシ的にちょうどいいお湯加減です。
没個性でなく、かといってBL部分にデシャばらず。んーむ、名脇役マンダム。 
 
珠紀が、当初は恋慕を意識せず
ダニエルに「気に入ってもらいたい」と思っていた部分は最萌えでした。
でも冷たくされて。それも萌え。
恋愛感情抜きの思慕でもっての健気っ子、萌え滾ります。
 

そしてダニエルがアメリカへ帰るとき。
「私たちの思い出は永遠だよ」
なんつって、ばっさり珠紀を捨てます。
捨てるってか、もう「棄てる」ね(つД`)・゚・。・゚゚・*:.。
かわいそうでかわいそうで(´・ω・`)
なのに、なぜかこの場面すごい萌えちゃいました。なんでだー。
 
 
正直、ダニエルとくっつかずに
家族と仲良く暮らして、いずれどこぞの誠実な恋人とくっついちゃえよって思いました。
ダニエルは、彼の行為には萌えるが、そのキャラ自体には萌えられません。
 
 
五百香さんの昔の作品とかも、色々読みたいなー(´・ω・`)
新装版出してほしいなー(´・ω・`)
スポンサーサイト

| 五百香ノエル | 23:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yaoi801.blog85.fc2.com/tb.php/317-1c9f8106

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。