ボーイズラブオーグレイト

BLコミック・BL小説・BLゲーム等のレビューやBL的な雑談を主とする、絵日記な日常ブログですヽ(゚∀゚)ノ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラッキードッグ1 イヴァンは癒し系の上に感動で泣かせる(´;ω;`)感想

IMG_000074.png

ジュリオは、こないだちゃんと感想書けたけど
他キャラはメモ程度にしか書けてなかったので
とりあえず各キャラの感想を
上げていくことにしましたヽ(。・`ω´・)ノ
 
以下イヴァンのバカ可愛いさにじわじわ愛が湧き出ている感想↓
ネタバレはもちろん有りなので隠します。
私のブログ史上で最も長文です、まったくまとまってません・・・。
 
一番好きで一番意外で一番萌えて一番燃えたのが、私はイヴァンルートでした。
 


 
イヴァンは本当に癒されます(´ω`*人)
監獄編で、看守メモを差し出してきた時のイヴァンが、ンンンァカワイすぎるウォ!!!!
その前にジャンと会った時、何も用意できてなくて
ジャンに「まあ期待してなかったけどね」的態度を取られたちゃったというのに
そこで腐らず、「見てろ俺様の凄さを」と頑張れるイヴァン様。
 
 
私も、ゲーム攻略中は、コツコツとメモを取っていたものでした。
イヴァンも同じように、コツコツとメモして有用な情報を抽出していたんでしょうね。
あのイヴァンが、コツコツと。
その情報を 綺麗な字 (←大事)で書きまとめ、
看守メモを完成させたのかと思うと・・・
そんでその最中、きっと
「ふふふ、こりゃあ役立つぜ・・・(自慢気)」とかワクワクしてたんだろうと思うと・・・
愛おしさで胸が締め付けられるようだよほぉっ!
 
面と向かって礼を言われて(ジャンはこういうトコがほんとウマイと思う)
「表情を和らげる」(←立ち絵的にはニヤリ顔)イヴァンに心底癒されました(´ω`*人)可愛い。
しかしジャンの超上から目線わろすわろすヽ(゚∀゚)ノ
 
 
なんかね、イヴァンは、ゲームする前は大ざっぱでいい加減な下っ端野郎かと思ってたからか、
「気が利いてる」トコや「抜け目ない」トコ、「細やかな気配り」、
「良い仕事」が出来る「情が厚い」「カリスマ」ってるトコを見ると、
私の萌え心がぎゅんぎゅんするんですよ!
字が綺麗なのもその一端。
ゲーム前とのギャップが凄いっ(´д`*)≡3
 
 
けっこうカーッときやすく、ふぁっくふぁっくうるさかったりするのは、
ゲーム前にも抱いていた印象ですが、
上記のようなギャップ萌えに+されると、そんな部分も萌えを倍増させますね。
また、ジャンが、イヴァンのそういう部分をイナしてさらっとかわすのが、ウマイ。
ジャン、ポイント押さえてますよね~
そのやり取りに激しく萌える。
イヴァジャンは、能力はかなり高いがオバカなトコのある夫(イヴァン)と、
常に本音で勝負しつつ、褒めたりイナしたりしながら夫を良い方へ持っていける良妻(ジャン)の、
夫婦みたいな、ダチ、ですね(´ω`*人)♪♪
たまにジャンがイヴァン突っついてからかって、軽く怒らせたりしますよね(´∇`*)
そういうときのジャンが心底楽しそうなのが、ほんっと和む、萌える、かわいい。
わいわいしてて、兄弟っぽくもあります。
 
 
あと、脱獄するときに
鍵開けてもらった時緊張してたり
靴ウルサイってジャンに言われてすぐ脱ぐところとか
その直後、ルキーノに「お前も靴脱げ」って言ってるところとか(受け売りぽい)
ジュリオに「オオヨ」って得意気なところとか
 
あ、ベルジャン運動場の時の「こ、こいつらホモなんだぜ!」の時も!
 
いちいち、いちいち、もう・・・イヴァンの言動は癒されます・・・。
皆の反応が「ハイハイ・・・」みたいなのも、ニヤニヤしてしまうー(´ω`*人)
 
村での演奏の時、
トライアングルにはウケたけど、即興出来たりリズム感が良かったり、
臨機応変の出来る子だなーと感心しました。
非純血イタリア系且つ若年にして幹部になってんのは、やっぱ伊達じゃないわあ・・・。
したたかな面もあるし。
 
イヴァンルートの面白いところの一つは
意外に抜け目のないイヴァンに対して、こいつ裏切るんじゃねえかって
ジャンが疑っている、逃亡編。
ワイワイのやり取りの中にも、ヒヤリとシビアさが垣間見えて、
その緊張感がたまらんです。
そう、この時にはまだ、ジャンすらもイヴァンを信用してなくて、イヴァンは実質
孤独だったんですよね。
 
 
しかし、イヴァンにはイヴァンの美学があって、CR:5入りしていたようで。
(仲間に聞く、の選択肢のトコで)
「ここだったら、クズ野郎でも成り上がれると見せつけることだ
 泥すすってでも上を見る、憧れられる生き方をだ」
この台詞が、もうもう!
ンーッ!!!カッッッコイイよイヴァンー!!
 
かと思ったら、夜の店巡りで見せる、女のタイプ別イヴァン七変化対応wwwわろすわろす。
誰だおまえwww連発じゃないですかイヴァンさん。
しかも何連発の変化を見せるつもりなの。
えーと、しっとり姉御、ぶりっこチャン、自虐っ子、ツンデレネエチャン(年下)、港。
5レディでした。
素でポカーン&笑ったw
赤毛のANでからかわれるイヴァンも面白かったなあ。
ロザーリアに慕われるイヴァンほのぼの。
カヴァッリ爺さんもとてもお茶目さんでほのぼの。
 
 
掃除屋を呼んだ金持ちクソ紳士の話はマジで胸が悪くなりましたが・・・
展開していくと、ストーリーの繋げ方ウメエなあ、こうくるか、と感心しきりでした。
ルキーノ兄貴の良い仕事たまらんな。
そしてエロシーンのあと、
イヴァンが髪にアレwをなすりつけられてるのに気付いてないシーンのあと、
イヴァンルートでの私の最萌シーン
 
エアライバルに 嫉 妬 乙 !!!!

のイヴァン様が見られるわけですねヽ(゚∀゚)ノ 

お前今まで何人との(男)経験があるんだよ・・・
まさか男娼・・・まさか他の幹部連中と・・・
 
お前は何を言っているんだ?のジャンさんと超シンクロですヽ(゚∀゚)ノ
しかし、愛しい。アホっぷり愛しい。
このイヴァン様の破壊力は半端ナイね。
あの場にジュースィーなきゅうりが無くて良かったっす(´ω`*人)
やっぱ生身のチン(ピー)コですよね!
 
可愛いじゃねーか、のジャンさんとも超超超シンクロです・・・!
ていうかここでまた、ジャンは何気なくウマイ一言を・・・!お初発言・・・!
そんなの、そんなの、イヴァン大喜びだろうが・・・! 
あ、あと翌朝の「イヴァンちゃん、リビングで!?マァ!」も
お気に入りセリフです。
その後の仲間たちとの熱い展開、
そのまた後のイヴァンの墓穴ホリホリ発言、ほんとたまらんぜラッキードッグ1。
イヴァン、お前が居なくなったら俺・・・のセリフが妙に色っぽいんだよねジャン。
そりゃイヴァンも何か期待しちゃうし、それが裏切られちゃったら
墓穴も掘っちまうよwww
エンドレスニヤニヤ(つ*゚∀゚)≡3
でも、この時ジュリオ、ショック受けてなかったのかしら・・・
 
カヴァッリ爺さん招待前逃亡→vsホーナスとの勝負、ジャンのダチ発言も熱かった・・・。
この辺のダチ発言のくだりは、一度本筋エンドをクリアしてから
再度やると、1回目とは違う感慨が湧きますね・・・。
どんだけ、イヴァンはこのダチ発言を待ち望んでたんだろうって。
そんな熱い展開のまま隠れ家エロとか・・・切羽詰まりまくったイヴァンとか・・・
萌えざるを得ない。ジャンさん(受)の男らしさに降参せざるを得ない。
メルセデSUたんの本気にも燃えさかった後、
夜明け前の二人の会話も良いなあ・・・目頭熱くなるなあ・・・太陽と月・・・。
喧嘩(?)した後のジャンの奇襲受萌え(´ω`*人)
 
 
ホテル戻った後、一致団結で、やっとCR:5、イヴァンも含めてガチ仲間で熱かった・・・!
イヴァンが部下たちを煽って「オマエラはナニモンだ!」の号令を響かせる場面、マジ痺れました。
イヴァン、カッコイイ!鳥肌立った・・・!!ここ、大好き!!
ジャンのジャンプ助手席INにも鳥肌が立ったあ!いっそこのまま鶏になっちゃうわ私ってなもんです。
ホーナスのカチコミ前、
一回裏切られて、そっからずっと一人で、慎重に慎重重ねまくって
生きてきたイヴァンが、死ぬかもしんないなーってトコで「充分だ」って思えたのは
やっぱジャンなんだよなあ・・・泣ける。もっと欲張れよ、にも泣ける。
ホーナスは本当にクソ野郎で胸が悪くなった。
でも、こういうのも、ストーリーにハマり込んでるからこそ、
正にも負にも、感情の揺さぶりが凄いんだろうと思いました。
お嬢のマシンガンも燃えるわ・・・メルセデSUの最後の雄叫びも熱すぎるドンパチシーン。
一瞬間のあと、まさかの船上。
ほんとラッキーどころの話じゃねえっすたまらん熱い。
あのOPにも出てたスチル、どこかビルの屋上から、夜景のシーンかと思ってたけど
海だったのかあ!あの大笑いスチル、いやー本当に良い。
 
 
しっかし・・・秀逸なのはやっぱり、本筋エンドのアレです。
途中で見せた、アレが、まさかラストにああ繋がってくるなんて・・・
てっきり、イヴァンにそういう友達が居て、その回想かと思ってました。
  
 
誰も信用してなくて、いつも浅い眠りだったイヴァンが
唯一、ジャンのソバで熟睡出来たんだなあ・・・
その意味が、どういうことか。
本筋エンドのラストを見て、
太陽と月のある限り-あの言葉が心臓にストンと落ちてきて、
ほんと涙が、目の端からこんもりと、滲み出ました。
イヴァンが欲しかったもの、ずっと憧れていたのは
ANとDAIANAのように、
生涯変わらない、親友だったんだなあと・・・。染みる、染みる・・。
涙が・・・(つД`)いやもう・・・マジで・・・。
ANは、私にとっても思い出の作品なんで・・・
内容は色々忘れてるんですけど、なんでか超ハマってた、大好きな作品でした。
袖の膨らんだ服には私も憧れたものでした。
 
ものすごい地味なラストなのにな・・・だからこそなのか・・染みるよおお(´;ω;`)
最後のイヴァン審判の会議後、エレベーターでの「俺より先に死んだらぶっ殺すからな!」の台詞が
ここで凄い効いてくるっつう。
サルト上院議員・・・って誰だろ
ドブだまりで死んだのって誰だろ・・・
って考えもかすんで、あーもうだめだ涙で画面が見えねえ・・・。ぐうう(´;ω;`)
 
 
イヴァンは他ルートでもほんと癒し系でした。
なんか、変なドリンク作ってくれたのとかあったなあ。
あと、ジュリオは他ルートでもジャン好きすぎて、申し訳なくなる。
ご、ごめんジュリオ・・・今、ジュリオルートじゃなくてほんとごめん・・・って何度謝ったことか。
スポンサーサイト

| ラッキードッグ1 | 16:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yaoi801.blog85.fc2.com/tb.php/533-b643b13c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。